2019年09月17日一覧

海外fxボーナス|ここ数年は…。

テクニカル分析を実施する時は、通常ローソク足を時間単位で並べたチャートを使用することになります。初心者からすれば引いてしまうかもしれませんが、慣れて読めるようになりますと、非常に有益なものになります。ここ数年は、いずれのFX会社も売買手数料は0円となっていますが、その一方でスプレッドがあり、そのスプレッドが事実上のFX会社の利益ということになります。なんと1円の値幅だったとしても、レバレッジが1倍なら1万円の損益になるわけですが、10倍ならば10万円の損益になるというわけです。結局のところ「レバレッジが高くなればなるほどリスクも大きくなってしまう」と考えられるわけです。ご覧のウェブサイトでは、スプレッドや手数料などをカウントしたトータルコストでFX会社.......

スイングトレードの注意点としまして…。

スプレッドと称される“手数料”は、一般の金融商品と比べると、信じられないくらい安いのです。現実的なことを言いますが、株式投資なんかだと100万円以上の「売り買い」をすれば、1000円程度は売買手数料を払うことになります。チャートの時系列的値動きを分析して、買うタイミングと売るタイミングの決断をすることをテクニカル分析と呼びますが、このテクニカル分析ができるようになったら、買う時期と売る時期の間違いも激減するでしょう。レバレッジがあるので、証拠金が少なくてもその25倍までの「売り・買い」を行なうことが可能で、大きな収益も目指せますが、逆にリスクも高くなりますので、無謀なことはしないでレバレッジ設定することが大切になります。FXで収益をあげたいというなら、.......